« [ゼロックス杯] まであと0日 | トップページ | [にしのんワーズ] ゼ杯まとめ »

[ゼロックス杯] 勝てない浦和に意味はあるのでしょうか

■ゼロックス杯 G大阪 4-0 浦和 (国立競技場)

02_3Photo_42
Photo_40Photo_39
二川ゴラッソ、略して フ タ ゴ ラ 炸裂!
 

Photo_43
「浦和が負けるとは誰も予想してなかったと思いますが」 by江川

セットプレーでの得点が無いじゃない!
と、セルジオばりのイチャモンくらいでしかケチのつけようがない、
完璧な試合運びでございました。

充実したスキルにどれだけフィジカル・メンタルの強さを
上乗せできるか、が、ここ数年来のガンバの課題だったのだけど、
この試合については文句無しと言えるだろう。
ワンプレーごとにボールへの、勝利への執着心が伝わってきた。
(そのくせ警告は一枚ももらっていない沈着冷静っぷり)

ディフェンスの寄せと粘り。オフェンスの緩急とコンビネーションの深まり。
そして90分走り抜ける走力(安田もよく上下動した。SBの適性あるじゃん)。
西野ガンバ、6年目にして過去最高の仕上がりを見せている。

問題は、この状態をシーズン通して持続できるか、だが。
裏返せば怪我人さえ出なければゴニョゴニョ…
いや、先走っても仕方ない。
まずは一試合一試合、真摯に戦っていこう。


……開幕戦は大宮か_| ̄|○

国立でこちらの方に「今日の浦和よりは手強いですよ」と
強がってみたものの、実際どれだけボコにされるやら戦々恐々だ。
いきなり新監督の手腕が問われることになるが、
なるべく自信喪失しない程度に撤退戦を完遂してほしいと願う。

« [ゼロックス杯] まであと0日 | トップページ | [にしのんワーズ] ゼ杯まとめ »

01-1 ガンバ大阪」カテゴリの記事

コメント

どもっす。国立ではありがとうございました!
今年は、西野監督の年間を通じてのマネジメントにも注目していこうかと思っています。よろしくお願いします!

ども。またよろしくお願いします。
これ程の仕上がりでシーズンインするのは初めてだけに、
監督もさぞや困惑しているでしょうw
今年も生温かく見守ってもらえればと思います。

あー燃えてきた。いかん、平常心平常心……

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« [ゼロックス杯] まであと0日 | トップページ | [にしのんワーズ] ゼ杯まとめ »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

松ぃったー

無料ブログはココログ