« [日本代表] 合宿メンバー発表 | トップページ | [海外組観測] ヌマンシア、昇格圏内へ突入 »

西野朗の手腕と思案

「プロ監督、この人を選ぶ権力を振るうものは否応無く心に孤独を作り出し、好意と反感の狭間に落ち込んでいく。されど、もし、そこから立ち上がる者がいるならば、その者は確かなる将の器を手にしているのだろう」

わ、私は缶詰にしんさんにルルレス送ったことなんかありませんよ?
まだ一回しか。 (挨拶)
 

Photo_37

表紙に釣られてエルゴラ購入したのだけど、これがなかなか良い記事。

「全体的には軽めのフィジカルトレーニングという感じで走らせているのだが、その中でボールを使いながら止まらないでパスを続けるトレーニングがあった。何のことはないメニューのようであったが、その中でサポートの動きの要求を多く織り交ぜており、体以上に頭を休ませない状況が作られていたのだ。
 G大阪といえばパスサッカーだが、どんなトレーニングをすればあれだけボールが動くのか。パスの質以上にサポートの質を求めていることが大きなポイントだったのだ。それこそが運動量や頭の回転の速さを身につけさせることとなる。こうしたことを普段から何気なく継続することが、ガンバらしいサッカーの源となっているのだろう」

レポートは相馬直樹氏。なるほど、「現場に近い」者らしい視点だと思う。
練習見学など行けない関東人の自分には、このような、
こちらから見えにくい部分を見てくれるのは本当に有難い事です。

そう、テキトーな練習法であんな美しいサッカーを創れる筈がないのだ。
当たり前の話だけど、これ読んで得心がいきましたよ。

システムだの、起用法だの、監督と選手の人間関係だのビッグクラブだのと、
トーシロの妄想レベルの話に心底うんざりしていた身には、
えらい新鮮で「実」のあるナイス記事でありました。
相馬教授、また取材に来てくださいませ。

« [日本代表] 合宿メンバー発表 | トップページ | [海外組観測] ヌマンシア、昇格圏内へ突入 »

14 ヨタバナ。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« [日本代表] 合宿メンバー発表 | トップページ | [海外組観測] ヌマンシア、昇格圏内へ突入 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

松ぃったー

無料ブログはココログ