« 俺も天壌を翔けて藍蘭島へ行きたいの巻 | トップページ | [ナビスコ杯] 2007 第3節結果 »

[Jリーグ] G大阪 2-1 甲府 その男、二川孝広

Still0001
Still0002_1
Still0003_1

スンスケの陰謀wにより、フタの難儀な性格が遂に全国へと晒されてしまいました。
いやーもう笑った笑った ( ̄▽ ̄;

かように愛されつつもイジられてしまう我らがフタさんですが、忘れないでおきたいのは彼の本質。
即ち「恐るべきセンスとスキルを持つフットボーラー」である事実。

そう、例えば、先の甲府戦ですよ。

■前半11分
Still0004
フタ、こぼれ球を素早く前線へ
Still0005
マグノの動き出しにピタリと同期させた。GKと1対1!
Still0014
ギリギリでクリアされた…。 フタ「……(惜しい)」

■前半30分
Still0012
DFを引き付けてフリーのマグノへ! フタ「……(今度は決まるやろ)」
Still0013
マグノ、力み過ぎでシュートは枠外。 フタ「……(ま、まぁしゃあない)」

■前半38分
Still0006
得意のスルーパス一閃!
Still0007
相手選手4人(!!)の間をすり抜け、バレーの足元にスル~ピタッ。う、美しい…
Still0008
が、バレー、お約束のシュートミス。 フタ「……(ありえへんやろ…)」

■前半41分
Still0009
後ろから走り込んできた遠藤へ、再度スルーパスを敢行。…通った!
Still0010
遠藤、渾身のシュート。 真後ろのフタ「……(あ、ダフった)」
Still0011
コロコロコロ、と枠外へ。 フタ「……(………)」 (心の中までも沈黙)

マグノ、バレー、ヤット、君達ちょっとそこ整列。
謝れ、お膳立てを全部無駄にされたフタに謝れ!(笑

この試合、二川は前半だけで実質4アシスト
結果に影響を及ぼさずとも、この日、真にゲームを支配していたのは、
間違いなくあの無口な小兵だったのでありますよ。

結局、一度もゴールに結びつかなかったせいで、誰にも認識されない裏方稼業になってしまったが、
それもまた彼らしいとも言える。地味で、そして精緻極まる職人仕事っぷりでした。


■おまけ : 広島戦のゴール直前
Photo_83
これも改めて見ると凄いわー。
ほぼ真後ろから、スピンかけて弧を描いて飛んできた遠藤のパスを、
走りながら、手でキャッチするように右足でふわりとトラップ。次の瞬間にはもうシュート体勢。
高難度のプレーを、まぁ軽々とこなすわこの兄ちゃんは(汗

「難しいプレーを簡単そうに見せるのが真の名手(クラッキ)」。二川孝弘の為にあるような言葉だ。
彼に出会えて、またひとつフットボールの楽しさを教えられた気がします。これからも魅せてくれよな。


にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ 【拍手】

« 俺も天壌を翔けて藍蘭島へ行きたいの巻 | トップページ | [ナビスコ杯] 2007 第3節結果 »

01-1 ガンバ大阪」カテゴリの記事

コメント

あ、宣伝かと思って削除しちゃった(汗
普通のお客様のコメントだったら御免なさい。
またおいでくださいませー

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 俺も天壌を翔けて藍蘭島へ行きたいの巻 | トップページ | [ナビスコ杯] 2007 第3節結果 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

松ぃったー

無料ブログはココログ