« [J1] G大阪 2-2 横浜 ギャラクシーヒーローレジェンド風 | トップページ | [J1] 大宮 3-2 川崎 今度は等々力劇場 »

[J1] G大阪 3-2 浦和 血染め の ツヅキ

Photo
朗 「たっぷり移籍金せしめて、ぼろ雑巾のように捨ててやる!」


あちらさんのGK、なんだって終了後あんなにもキレとったのですかね。
ワニナレナニワの時「一緒にやろうぜ元ガンバ!」とでも声かけたのでしょうか。

二川あたりが。

ああ、そりゃムカつくわw 空気読めよフタwww

■J1-13節 浦和 2-3 G大阪 (埼玉スタジアム)

厳しい状況で迎えた大一番。
でも、わりかし楽天的に、勝てるだろと思い込んでましたよ。
ガンバがレッズに、というよりも、西野朗がエンゲルスに。
両者ともJでの監督暦長いけど、直接対決ではにしのんの全勝じゃないかな。

印象に残ってるのは、1999年5月の市原臨海、千葉ダービー。
片野坂コーチwが決めた先制ゴール(アシストはフリスト・ストイチコフ!)を
皮切りに、前半20分までに柏が4得点。
5-2で西野レイソルがエンゲルス市原を惨殺したゲームだった。
私はメインスタンドで観ておりました。

ゲルトは指導者、朗は勝負師。
監督力の差が出た今日の勝利は、むしろ必然。
思ったより得点差がつかなかったのが不満なくらいだ。


後半戦は心臓バクバクの展開ながら、
全体的には非常に効率良く進められたゲームだったかなと。

序盤はセカンドボールを拾われ、支配され攻められまくる。
しかしその攻勢を凌ぎ、泡くっていた下平も攻め上がれるようになると、
ほんの短い「いい流れ」の時間帯を逃さず、一気に先制点へと結びつけた。
強いガンバの片鱗を覗かせたゴールでした。聡太グッジョヴ。

2点目は… ま、ツイてたなってのと(スローVTRでもどちらのスローインかは微妙)、
諦めずロングパスを追い、かつ集中を切らさなかったバレーの勝ちですかね。

浦和さんも、追う立場になると手数の少なさを露呈してしまい、
ポゼッションからの崩しはさしたる脅威ではなかったですな。
しかし、ならばと次々にセットプレーを奪われ、結果2失点。
スタッツ見るとCK、FKともに圧倒されている。この辺りはさすが。

1点差にされたところで遠藤、安田の投入。
この攻撃のサインが、結果として決勝ゴールを生む。
そして残り10分で水本入れてクローズ。大胆にして、最後は堅実な采配。
敵地で満足いく勝利を手にしたガンバでした。(つかアウェイで強いな、今年は)

MOMはそりゃもうGSGK松代だ。冴えに冴えわたるゴッドセーブの数々。
特に後半半ばのエビ反りキャッチには萌えた。
逆側のゴールマウスに立つDQNGKとの差が勝因その2なのは間違いない。


スカパー入って良かったことが2点。
ひとつ。NHKの山本氏よりも、パーフェクトチョイスの原ヒロミの方がマシな解説だ。
ふたつ。現地で糞サポ同士の小競り合いに巻き込まれるなんざ御免だね。

ああ、毎度毎度懲りない連中だよ。
7月の日立台、行こうと思っていたが中止だ中止。同類扱いされてたまるか。

[追記]
なんで先制ゴールをぶちこみ、何度も何度も体張って空中戦を渡りあって
勝利に貢献した男が、へこんだ様子でブログ上で謝罪しなきゃならんのだ?

彼らにいい気分にさせてもらってる俺達が言わせてるんだぞ。
こんなの間違ってる。絶対におかしい。
悔しくて泣きたくなった。勝利の余韻なんてぶっ飛んだわ。

くだらない真似をした実行犯は全員とっ捕まえて
スタジアムから永久追放で。くれぐれもお願いします。

« [J1] G大阪 2-2 横浜 ギャラクシーヒーローレジェンド風 | トップページ | [J1] 大宮 3-2 川崎 今度は等々力劇場 »

01-1 ガンバ大阪」カテゴリの記事

コメント

追記に感動しました。
でも個人を指して「DQN」という表現はどうかと。
身内を褒めるときは直接的に、相手をけなす時は
さりげなくがおすすめですよ^^

あ、それは確かに要反省ですね。気をつけます。

でも『彼』はねえ…。浦和の試合見るたび、
敵味方審判問わずブチ切れてる姿を目撃しますからね。
非常に見苦しいし、ガンバから去ってくれて良かったと
思わずにいられないのも本音なのですよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« [J1] G大阪 2-2 横浜 ギャラクシーヒーローレジェンド風 | トップページ | [J1] 大宮 3-2 川崎 今度は等々力劇場 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

松ぃったー

無料ブログはココログ