« [J1] G大阪 2-1 名古屋 もっと混沌とすればいい | トップページ | [海外組観測] 07-08クライマックス »

[にしのんワーズ] 十年早いよ、ピクシー(意訳)

Q:名古屋のストイコビッチ監督は注目されている監督ですが、
そういったことで何か意識する部分はありましたか?
パフォーマンスが美しいなと(笑)」 (J's GOAL

Photo_2

Q:名古屋戦ではバレーがとても活躍しているが、その要因はどこに?
「その点については活躍していると思います。相性が良いのかもしれません。彼にはボールが上がらなければ入るよと言っていますが、名古屋戦に限らず、非常に決定力があると感じます

えーー!?
いや、全て承知の上でブラフかます必要もある、か。

「攻撃面では、西野監督はぶれがなかった。不振のバレーを開幕から一貫して先発起用。『チャンスのポイントには入っている。代えようと思わない』。今季、バレーを軸に構想を練った自らの意地でもあった」 (読売

バレーの力に託すのが今季の絶対条件、という事なら、
自分としてはその拘りが正解と信じて見守るだけだ。
…リスク高い賭けになるぞー(汗
 

「そこで試合を左右したのは個人レベルでの玉際の激しさであり、シュートへの
意欲であり、何よりも『バレー頼りのクソサッカー』に徹した西野の、監督経験に
基づいた開き直りだった」 (名古屋ローリングサンダー

まあ、ピクシーたんは『ACLとの掛け持ちで疲労困憊の中、
クソサッカーで勝利を目指さざるを得ない』ような状況には
10年名古屋で監督やったところで縁がないでしょうしね。実に羨ましい。

せいぜい、これからも常に華麗なるサッカーを追及しつつ、
西野朗のいい踏み台でいてもらえれば幸いです。

« [J1] G大阪 2-1 名古屋 もっと混沌とすればいい | トップページ | [海外組観測] 07-08クライマックス »

11 にしのんワーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« [J1] G大阪 2-1 名古屋 もっと混沌とすればいい | トップページ | [海外組観測] 07-08クライマックス »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

松ぃったー

無料ブログはココログ