« [出奔] ようやく決まったか大久保 | トップページ | [調査] 2008 G大阪年間得点ランキング »

[Jリーグ+] 俺アヲーズ2008 「臥薪嘗胆」

04
参考 : 俺アヲーズ2007

今年もやってまいりました、俺アヲーズ。

ぶっちゃけもう全員ガンバの選手でいいよ、と思わんでもないが、
基本的に当ブログは日本蹴球界の発展と安定と盛り上がりを
心から願うものでありますので。(そ、そうだったのか!w)
クラブの垣根を越え、活躍した選手への賞賛は惜しみません。

それでは、どうぞ~

■ベストイレブンモドキ

Photo_7
西川周作 大分
終盤に戦線離脱しちゃいましたが、抜群の安定感で堅守・大分を支えた男。
これからは代表でも川口・楢崎越えを期待したいところ。

Photo_9
森重真人 大分
ボランチからDFにコンバートされた今季、素晴らしい成長を見せた。
五輪でのあの決定機逸のマイナスイメージも、すぐに払拭したのは凄い。

Photo_18
谷澤達也 千葉
苦しい1年だった千葉。けれども深井、池田、青木など、くすぶっていた選手の
覚醒の場にもなった。とりわけYAZAWAのブレイク・スルーには目を瞠るものが。

Photo_12
金澤慎 大宮
大宮からは慎かな。
ユースからの昇格一号、レンタル先から戻って逞しい姿を見せてくれました。

Photo_10
狩野健太 横浜M
地味な存在から一転、木村監督の下で強い輝きを放つようになった。
来季は山瀬から完全にポジションを奪うのか、それとも共存か。

Photo_5
松浦拓弥 磐田
こちらはオフトが見出したトップ下。入替戦の活躍は鮮烈。ガンバも一撃食らった。
狩野同様、チームの不調は新しい才能にとってのチャンスでもありますね。

02
香川真司 C大阪
ここで名前を出すのが躊躇われるほどメジャーになってしまった一年。
乾とのコンビネーションは魅惑的だったが、来季もJで通じるか。

Photo_11
関口訓充 仙台
J2からもう一名。迷走を繰り返す仙台でも、育つ選手はいるものだ。
2009シーズン、今度こそ昇格を掴めるでしょうか。

Photo_6
金崎夢生 大分
シャペウで明神を弄んでボレーシュート一閃。あれは凄かった。
彼の活躍の裏で、移籍した梅崎はあんな事になっちゃって… 運命って残酷ね。

Photo_2
興梠慎三 鹿島
年の始めは田代が代表で活躍してたが、気がつけばポジション強奪。
ほーんと久々に若い日本人ストライカーが出てきたな。来季は2桁取れるか。

Photo_4
岡崎慎司 清水
微妙に全身から漂う「駄目だこいつ」感を打ち払い、年間10得点は立派。
セットプレーで強いよね。なんか石崎くんがFWやってるみたいなイメージがw

FWは赤嶺を選んでも良かったけれど、画像が無いので断念しました(ぉひ

私が選ぶベストイレブンは、ニュージェネレーションへの
期待を込めて若手選手ばかりです。皆、このまま大きく育っておくれ。


■新人賞

Photo_19
本田拓也 清水
大学生が五輪代表なんて、と陰口叩かれながらも、プロ入りして実力を証明。
反町の見込んだハードワーカーは、清水で伊東輝悦の後を継げるか。

Photo_8
村上佑介 柏
あの驚愕のデビュー戦は、全大宮サポにとってトラウマになりますたcrying
彼をスカウトした下平氏がブログで大喜びしていて、しゃーないかな、と。

Photo_20
土岐田洸平 大宮
塚本でもいいのだが画像が無いのよほほ。
樋口監督に重用されたアタッカーは、批判を受けつつも頑張ってくれました。

新人は上記の3人も、本家アウォーズの小川・長友・原も大卒選手。
大学サッカーの育成力、侮れません。


■優秀外国人賞

Photo_13
ルーカス G大阪
ルー様にはもう本当にお世話になりっぱなしで…。
一体幾つのポジションをこなしたのか。前目ならどこ任せてもイケるしなー。
先日の国立で、後ろの席の瓦斯サポ達が「当社比30%増しだ」と感嘆してました。

Photo_14
鄭大世 川崎
帰化する道もあったでしょうに、北朝鮮代表として日本に立ち向かう姿に
“漢”を感じましたね。来季は得点王候補筆頭と見た。

Photo_21
エディ・ボスナー 千葉
監督交代までは不安定だったものの、彼がいなければ残留できたかどうか。
江戸さん来季はアジア枠かな。オージーも使えるね。


■ベストゴール賞

Photo_16
小林慶行 大宮 (13節川崎戦)
衝撃の超長距離FK、2点差をひっくり返す逆転弾、宙を舞う川島
大宮サポ全てにこの上なき快感をもたらしたビューティフル・ショットに。


■ベストサポーター賞

Photo_17
浦和レッズサポーター
画像はこんなんですがw
苦しい一年ながら、それでもお客さんは増えている事実は見逃せない。
サポの情熱はクラブの地力なれば、復活も遠くはないでしょう。


■ベストチーム賞

Japan
日本女子代表 (なでしこジャパン)
なでしこを挙げずに2008年のサッカーシーンは語れません。
五輪ベスト4という成果もさることながら、澤さんを中心に築き上げた
そのスタイルは「ジャパン・オリジナル」を男子代表に先んじて体現。
見る者すべてに勇気と希望を与えてくれる、素晴らしいチームでしたわ。


■最優秀監督賞
Photo_22
小林信二監督 山形
悲願の「クラブJ1初昇格」を、大分に続き山形でも成し遂げたコバさん。
味のあるキャラに確かな手腕を兼ね備えた名将だと、改めて証明しました。


■「海外組」選手賞
Photo_23
本田圭佑 VVV
ビッグマウスと五輪の屈辱を叩かれもしましたが、
敢えて2部リーグで戦う道を選び、今季は圧倒的な存在感でチームを牽引。
そのうちビッグクラブからもお呼びがかかるんじゃないかな。


■管理人特別賞

Photo_15
柳沢敦 京都
かつて誰もが期待し、頼りにしたヤナギがようやく戻ってきたなあ。
今なら代表復帰しても文句は無いが、岡ちゃんは相変わらず嫌いなのかね。


■最優秀選手賞

B
中澤聡太 G大阪

これがオチかwww

などと笑うなかれ。中澤聡太の成長は、2008ガンバの目玉のひとつだ。
サカヲタどもに蔑まれ続けた男が、訪れたチャンスに全力でしがみついて
信頼を得、栄光を掴む展開は、少年マンガ的に熱かった。
…改めて、水本には感謝したいね。いい踏み台になってくれたと。

聡太、わかってるよな。次は代表だ。2010年を目指せ。
絶対にこんなもんで満足してくれるなよ?


という事で。
2009年、また新しいシーズンへ。

and football is going on...

« [出奔] ようやく決まったか大久保 | トップページ | [調査] 2008 G大阪年間得点ランキング »

03 J League - Division1」カテゴリの記事

04 J League - Division2」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

松ぃったー

無料ブログはココログ