« [ACL] G大阪 0-0 水原三星 NEW SEASON | トップページ | 塚本泰史に捧げる言葉 »

[XEROX SUPER CUP] G大阪 1-1(PK3-5) 鹿島 既視感

PK制した!鹿島 2連覇達成

2005 ナビ杯決勝 vs千葉
2006 A3 vs千葉
2008 Jリーグ vs神戸
2009 Jリーグ vs川崎
2010 ゼロックス杯 vs鹿島

PK職人と呼ばれるヤットさんですが、
概ね“年イチ”のペースで外してくれてます(´ω`)

ただ、キックが枠を捉えなかったのを見たのは初めて。
助走距離の短さに、なんか嫌な予感はしたのよねー
 

チケットは手元にあったものの、体調不良のため自宅観戦でした。
内容は面白かったので行くべきだったのか、
結果は残念だったのでやめて良かったのか、なかなかに微妙。

ガンバに負傷者続出、鹿島有利、との前評判でしたが、
あちらさんも代表に主力を取られ、新戦力との融合は進んでいない筈。
そんな一方的な展開にはならんだろう、と踏んでいたらば案の定、
序盤は一進一退の攻防に。抉った加地から二川→平井!惜しかった。

が、白熱する試合に、無情のPK宣告が水を差す。
いや判定としては正しかったとしても…
鹿島に先制点を与えることは、すなわちゲームの死を意味します。
前半半ばから、さっそく露骨な時間稼ぎをおっぱじめるエンジの人々。

二川と競り合ってふっとばされ悶絶する岩政大先生など、
もはや伝統芸の域。怒りや苛立ちを通り越して、苦笑うしかありません。
厚顔無恥に徹してこその、トータル14冠という偉業。
鹿さんはこれまでもこれからも鹿さんなのです。

ここで攻め急いでカウンター→追加点をくらうのが一番拙い展開。
が、鹿狩りに焦りは禁物、と熟知するガンバの選手達も務めて冷静。
バランスを保ちながら、じわりと攻勢を強めていきます。

前半終了間際、まず平井が思い切り良いプレーでチャンスを作ると、
相手がやや受け身になって凌ごうとしたか、出足の鈍ったところを見逃さず、
この日抜群の存在感を見せた加地さんが切り込んで左足一閃。
小笠原に当たりコースが変わり、ソガハタの頭上を破ってゴールネットへ。
「撃てば何か起きる」を実践する一発でした。見たか岡田ジャパンのFWども(笑

同点で推移した後半は、再びイーブンの攻防。
攻守の素早い切り替え、個々の技術、アイデア、闘志。
この45分は、それなりに娯楽性の高いサッカーを披露できたなと。
しょっぱい映像にならずに日テレさんもホッとしたことでしょう。
(フジの代表戦がアレだっただけにね…)

ただ選手交代は両監督とも消極的で、枠を余して終了。
あちらの遠藤選手は目立ってましたね。
こちらの宇佐美くんは… もうちょい平井を引っ張っても良かったような。
佐々木を出さなかったのは加地のスペースを消さない配慮か。
大塚も見たかったし、何より「勝ちきる」ための采配をしなかったのは不満アリ。
今季は例年以上にリスクを負わなければ、点が取れない気がします監督。

最後はかなり押し込まれながらも、凌いで終了。
高木-菅沼のCBは想像以上に落ち着いていて驚いた。
開幕戦もこのコンビでいいと思います。
駿哉、あの19歳に見えないガテン系の風貌はとても頼もしい(笑
容赦なくレギュラー奪え、年齢なんか関係無いぞ。
ロンドン五輪世代もCBの層は薄い。このチャンスを掴んで離すな。

全体にコンディションは良さげ。
遠藤さんもPKは外したもののガンガン走っていた。
山口・明神抜きでもここまでやれたのは自信になるだろう。
内容面では07年に次ぐくらい『良い』シーズンへの入り方が出来たと思う。

……が、ちょっとゴールが遠い(´Д`;)

平井はいいプレー見せてるし、にしのんには我慢して使って欲しいけれど。
JJは相変わらずですね。周囲が彼を活かせてない。
フィニッシュ面で我慢我慢の序盤戦になるのは間違いありません。

ま、その辺も折りこんで、今年もガンバサッカーを楽しみましょう。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

« [ACL] G大阪 0-0 水原三星 NEW SEASON | トップページ | 塚本泰史に捧げる言葉 »

01-1 ガンバ大阪」カテゴリの記事

コメント

岩政ですけど、再生シーンを見る限り、確か、ジャンプして空中で伸びあがったときにお腹に入ったので、本当に痛かったと思いますが。
ああいうタイミングだと、腹筋に力が入っていないですから、危ないですよね。下手すると内臓を痛めたりするタイミングですね。
もちろんガンバの選手が悪いわけじゃないです。
ただ、スロー再生されていたし、本人の痛がり具合からも、そこらへんは読み取れるのでは。
いくら岩政が鹿島の選手で、対戦相手だとはいっても、サッカーやスポーツが好きで、映像を見ていたなら、本文にあるようなとらえ方はありえないと思います。
ガンバファンってこんななんだ、安易だなって、すごく残念ですし、嫌な気分です。

ご苦労様です。

本当に痛かったのなら、さっさとピッチの外に出て治療するなり回復まで待つなりするべきでしたよね。タンカも呼ばずに転がったまま、時間を消費できるだけしておいて何じゃいという話です。

で、それを皮肉られれば被害者気取りで人様のブログに長文コメント。鹿サポがこんななのはよく存じてますし、残念とも思いませんがね。

日テレ実況アナが何度も言ってましたよね
「真の王者を決める一戦と」
それなら我らがガンバは天皇杯特化で今シーズン戦えば良いんじゃないでしょうか?
周りから厚顔無恥と言われても構わなければ・・

悪いトコロを真似せんでもいいです(笑
我らは恥を知り、武骨に、堂々と胸を張れるサッカーで全タイトルを狙いましょう。
それが“ガンバらしさ”だと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« [ACL] G大阪 0-0 水原三星 NEW SEASON | トップページ | 塚本泰史に捧げる言葉 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

松ぃったー

無料ブログはココログ